印鑑登録の注意点

印鑑登録の際の注意点をいくつか紹介します。まず、印鑑登録に使う印鑑はきちんとしたものを用意しましょう。一度登録してからその印鑑が破損したり、摩耗してしまえば使えなくなってしまうかもしれません。登録された印影と異なってしまうからです。そのため丈夫な素材でできているものを利用しましょう。きちんとした業者でオリジナルのものを作成してもらうと良いでしょう。そうすれば容易に複製されない丈夫な印鑑を手に入れることができます。

印鑑登録印鑑登録すると印鑑証明書を発行できるようになります。こちらは用途が聞かれることはありません。そのため、余計に発行してしまうことがないように注意しましょう。それを万が一盗まれたりすると大変です。また、印鑑証明書には有効期限があるため、そちらも注意しましょう。証明書そのものには期限は設定されていないのですが、提出を求められる際には発行から3ヶ月や6ヶ月以内のものを求められることがほとんどです。

もし実印を紛失したり、欠けてしまった場合には新しく登録し直さなければいけません。この場合はまず廃止の手続きをしてから新しいものを登録します。氏名が変わった場合にも変更する必要があるため注意しましょう。

以上の点に気をつけましょう。

印鑑登録の方法

実印印鑑登録をするためには、まず実印を用意しなければいけません。さまざまな規定が設定されています。たとえば、印影については8ミリの正方形よりも大きくて25ミリの正方形よりも小さくなければいけません。また、住民票に記載されているのと同じ氏名をあらわしたものでなければいけません。ただし、名字や名前のみでも大丈夫なケースもあります。また、氏名以外の装飾や文字が入っているものは登録できません。素材の変質しやすいものは登録不可能です。したがって、ゴム印であるシャチハタも受け付けられません。はんこがかけていたり、書体が複雑なものも断られる可能性があります。

印鑑登録ができるのは日本に在住している16歳以上の人に限られます。本人ではなくて代理人が登録することも可能です。そのため、委任状を用意することで平日に役所に行けない方も登録可能です。

印鑑登録は住民登録している市区町村役場においてできます。実印登録をしたいはんこと本人確認書類、お金を用意しましょう。申請書に記入をして窓口に提出します。そうすれば申請が終わり、印鑑登録証をもらえます。こちらを提示することで、実印を持参しなくても証明書を発行してもらえます。このような流れで印鑑登録が可能です。

印鑑登録とは

印鑑登録というのは自分の持っている印鑑を登録することです。そして、印鑑登録をすることによって印鑑証明ができるようになります。印鑑証明とは、その印鑑が登録されたものであることを証明するためのものです。そのために、印鑑証明書が発行されます

たとえば不動産や自動車の購入をしたり、公正証書を作成するためには印鑑証明書の提出が求められます。これによって、印鑑がその地方公共団体に登録されていることを証明できるのです。印鑑がきちんと登録されたものであることを保証しているのが印鑑証明書なのです。

証明書印鑑というのは、たとえば書類に捺印することによってそれを自分が記入して内容に同意したことを証明するためのものです。しかし、ただ単に自分の持っている印鑑を使うだけでは不十分でしょう。その印鑑が自分のものであることを証明するために印鑑登録をして、印鑑証明書を発行してもらいそれを提出するという手続きが必要となるのです。面倒だと思われるかもしれませんが、このような手続きがあるからこそ、高額の買い物である不動産や車を扱う際にも安心できるのです。万が一、印鑑が盗まれたとしても悪用されるのを防ぐことができます。

そのため、印鑑登録された印鑑と印鑑証明書はとても重要なものなのです。

〔関連HP〕http://www.inkan-direct.com/
印鑑登録について掲載している印鑑通販サイト“INKAN Direct”です。

印鑑登録をしよう

印鑑というのはいろいろな場面で使われます。主な役割としては本人であることを証明するために使われます。たとえばその書類を作成してきちんと内容を確認したのが本人であることを証明するために印鑑の捺印をするのです。捺印されている印鑑をチェックすることによって、それは本人がきちんと作成したものであると分かります。そのため、契約をする際の書類や役所で手続きをする際などに印鑑が主に使われているのです。

印鑑印鑑という文化は日本独自のものです。アジアの他の国にも印鑑はあるのですが、日本ほど重視されている国はありません。最近は印鑑の存在意義について議論されることもあるのですが、長年日本で親しまれてきたものが印鑑です。これがなくなることはしばらくないでしょう。これからも大切に使われ続けることが予想されます。

そんな印鑑なのですが、こちらを本人であるという証明のために用いる際には、印鑑登録をしなければいけません。これによって初めて印鑑の効力が発揮されるのです。印鑑登録という言葉を聞いたことのある方はたくさんいるでしょう。しかし、具体的に印鑑登録がどのようなものであり、どんな手続きが必要となるのかは知らない方もいるかもしれません。そこでこちらでは印鑑登録の仕方について解説しましょう。これから印鑑登録をしたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。印鑑登録をすることによって、本人の証明として印鑑を使えるようになります。分かりやすい説明をしましょう。