印鑑登録の方法

実印印鑑登録をするためには、まず実印を用意しなければいけません。さまざまな規定が設定されています。たとえば、印影については8ミリの正方形よりも大きくて25ミリの正方形よりも小さくなければいけません。また、住民票に記載されているのと同じ氏名をあらわしたものでなければいけません。ただし、名字や名前のみでも大丈夫なケースもあります。また、氏名以外の装飾や文字が入っているものは登録できません。素材の変質しやすいものは登録不可能です。したがって、ゴム印であるシャチハタも受け付けられません。はんこがかけていたり、書体が複雑なものも断られる可能性があります。

印鑑登録ができるのは日本に在住している16歳以上の人に限られます。本人ではなくて代理人が登録することも可能です。そのため、委任状を用意することで平日に役所に行けない方も登録可能です。

印鑑登録は住民登録している市区町村役場においてできます。実印登録をしたいはんこと本人確認書類、お金を用意しましょう。申請書に記入をして窓口に提出します。そうすれば申請が終わり、印鑑登録証をもらえます。こちらを提示することで、実印を持参しなくても証明書を発行してもらえます。このような流れで印鑑登録が可能です。